2:6:2の”6割の人”が新たな挑戦するための”スモールステップの踏み出し方”

松岡永里子
ライフデザインユニット プロデュースチーム