• ショッピングユニット
  • プロマッチングユニット
  • クリエイティブユニット

お知らせ


2011.08.01 プレスリリース

「All About スタイルストア」、全国の”つくり手”を対象としたソーシャルメディアの活用支援業務を開始
~Facebook、Twitterへのマルチポスト機能付きブログツールを無償提供~

株式会社オールアバウトエンファクトリー

株式会社オールアバウトエンファクトリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤健太)が運営するオンラインセレクトショップ「All About スタイルストア」は、ユーザとのダイレクトなコミュニケーション促進を目的として、つくり手と呼ばれる職人・デザイナー610人を対象に、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを活用した支援業務を、本日より開始いたします。 

 

全国各地の職人などのつくり手が生産・販売している伝統工芸品や、手工業品のマーケットは近年縮小傾向が見られ、生産者は有効な販売ルートを確保し難くなっているという問題があります。既存の流通基盤に頼らない新規市場の開拓へ向けて、インターネットの活用に注目が集まる中、とりわけソーシャルメディアは、売り手と買い手が双方向にコミュニケーションでき、個人でも運用が可能な新しい販促手段として、ニーズが高まっています。一方、つくり手が働く生産現場では、大都市のオフィス環境などと比べて、インターネットに接触する時間が少ないこともあり、ソーシャルメディアは、十分に有効活用されているとは言えない状況にあります。 

 

そういった背景のもと、「All About スタイルストア」は出展するつくり手・610人を対象として、ソーシャルメディアを活用した商品販売の支援業務を開始いたします。このたびの取り組みでは、「All About スタイルストア」内で従来から展開している「つくり手ブログ」を、ソーシャルメディアと連携させたマルチポスト機能付きのブログツールとして無償提供いたします。つくり手が活動の最新情報を「つくり手ブログ」に投稿すると、同様の内容が自身のTwitter、Facebookアカウントへ自動的に反映される仕組みです。 

 

あわせて、電話・メールでの個別サポートによるTwitter、Facebookのアカウント取得から、Facebookページ(※)の作成・運用支援まで行っていきます。インターネットの新しいツールに対応する時間を確保することが難しい中で、従来から利用してきたブログツールとの連動により発信を簡易化させることで、つくり手はより簡単かつ効果的にソーシャルメディアを販促ツールとして活用することが可能となります。 

 

■「つくり手ブログ」のURL:http://tblog.stylestore.allabout.co.jp/

 

「All About スタイルストア」は今後、つくり手向けにTwitter、Facebookを販促に活用するウェブマーケティングセミナーを実施するほか、つくり手がFacebookページ、Twitterで個別発信している情報をネットワークし、まとめて閲覧できる場をサイト内に特設するなど、ソーシャルメディアの活用を総合的にサポートする支援業務を強化し、参加するつくり手数の拡大を図ってまいります。 

 

(※1)Facebookページとは、団体、企業、有名人などが、ファンと交流したり、最新情報や自社サービス・商品をファンに向けて公開するためのものです。 

 

 

オールアバウトエンファクトリーについて http://enfactory.co.jp/ 

株式会社リクルート、ヤフー株式会社を大株主とし、10年以上に渡りインターネットメディア事業・専門家事業を行っている、株式会社オールアバウトが新たな事業展開のために設立した100%子会社。「つくり手」と「えらび手」が多様なライフスタイルを通じてこだわり商品を提供するオンラインショッピング「All About スタイルストア」「COCOMO」と、専門家のノウハウや知見を商品としてネットで購入できる「All About プロファイル」を軸に、個人事業主やセカンドジョブで自己実現を目指す方々(=ローカルプレナー)の支援に特化した事業を推進しています。 

 

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先: 

株式会社オールアバウト広報担当: 柏原・八鍬 

TEL:03-6362-1309  FAX:03-6696-4144 E-mail: pr@staff.allabout.co.jp 

 

株式会社オールアバウトによるプレスリリース:

http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2011_01/110801_01.htm

 

※内容は発表日現在のものです。発表文に記載してある事項、リンク先などは予告なく変更する場合があります。


TOP