en Factoryブログ

パラレルワーク実践者が半数以上! 複業共有イベント「en Terminal(エンターミナル)」レポート

2019年10月24日のエンターミナルです。

こんにちは。2019年度の新卒4期生、チームランサーチームの中嶋です。

先日、エンファクトリー社員のパラレルワーク(複業)活動を共有する
社内ビッグイベント・「en Terminal(エンターミナル)」が開催されました。

 

■パラレルワーク(複業)を共有!「en Terminal(エンターミナル)」とは

「en Terminal」とは、エンファクトリー社員および卒業生「フェロー」が
パラレルワーク(複業)を共有するイベントです。

創業当初よりパラレルワークを推進してきたエンファクトリーの、
「専業禁止!」という人材ポリシーを体現しているイベントと言えます。(今回でなんと10回目!)

そんなエンファクトリーにて、パラレルワークを行う唯一のルールは「オープンにする」こと。

エンファクトリーの考える「相利共生」の概念図です

会社という組織の「枠」を越境してパラレルワークを行うことで、
社外で得た学びを社内・フェロー・パートナーに循環させる、学びの「相利共生」を目指しています。

 

■パラレルワークや複業って…副業とは違うの?

近年、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の公表や、モデル就業規則の変更などを背景に、
世間の「副業」に対する関心も高まりつつあります…が、

エンファクトリーで推進しているのは、「副業」ではなく「パラレルワーク(複業)」。

では、「副業」とは何が違うのでしょう…?

エンファクトリーでは、「パラレルワーク(複業)」を
社員が「主」の立場で関与するエンファクトリー以外の業務機会
(収入の有無は問わない)
と定めています。

つまり、「やらされ」ではなく、本業と並行して「主体的」に取り組む業務であれば、
たとえ収入が発生しなくても「パラレルワーク(複業)」なのです!

(とはいえ、現在エンファクトリーのパラレルワーク実践者は全社員の約5割(15名)ですが、
彼らの年商合計は2億円を超えているそう…。)

今回のブログでは、4名の活動をピックアップしてご紹介いたします!

 

■「ターゲットユーザーは自分!」バッグを作成して販売

ショッピングユニットでWebデザイナーとして活躍されている辻愛里沙さん。

学生時代はバンド活動にいそしむなど、大の音楽好きの辻さんは、
お仕事終わりにライブハウスに直行することもよくあるそうです。

そんな辻さんは「ライブで使えるバッグが欲しい」という、
”音楽好きならでは”のニーズに応えるショルダーバッグを作成し、販売されているそう。
今回初めて作成されたそうですが、なんと54個も売れたとのこと…すごいなあ。

首元のイヤフォンからも、ノーミュージックノーライフを感じます

音楽好きの自分をターゲットとして考えることで、自分と同じ音楽好きが「欲しい!」と思えるものを作れるのでは?
という「自分が欲しいものは、意外とみんなも欲しがってる説」を提唱されていました。納得。

辻さんのショルダーバッグは、ハンドメイド通販サイトの minnne(ミンネ)を利用して販売されたそうです。

 

■銀座の夜を彩る、‘‘副業ミュージシャン”

今年の6月に入社された、チームランサーチームの頼れるエンジニア・中村修治さん。

昼はエンファクトリーにてゴリゴリ開発しつつ、夜は定期的に銀座でライブ演奏活動をされています。
なんと、年間約60本のライブをこなすそう。(プロじゃん。)

エンジニアかつ副業ミュージシャンの中村修治さん

会社でよくあずきバーを食べていますが、夜は銀座のギタリストです

お小遣いはもちろん、演奏技術の向上や、年齢・職種・地位を超えた出会いも得ているそう。
どうりで人間に深みがあるんですね。あずきバー奢ってほしい。

そんな中村さんがリーダーをつとめるチーム東京副業ミュージシャンの会は、現在メンバー募集中。
まずは軽い飲み・セッションをしたいそうなので、気になる方はチームにコンタクトしてみて下さい。

 

■パラレルワーク・本業をほがらかにこなす編集長

プロマッチングユニットの副ユニット長として、
専門家コンテンツのディレクションや、オウンドメディアの編集をされている松岡永里子さん。

パラレルワークとして、バルーンギフトのECサイトBalloon Kitchenの運営(めちゃくちゃかわいい)、
さらには素敵な女性の生き方を伝えるライフストーリーメディアCueの編集長も務めていらっしゃいます。

笑顔がすてきなパラレルワーカーの松岡永里子さん

ほがらかな笑顔とえくぼが素敵です

一体どこにそんな時間があるんだろう…と思うのですが、
フレックス制度を活用したり、リモートワークで上手くいくチーム体制を整えたり、
工夫して時間を有効に活用されています。

本業とは異なるフィールドでパラレルワークを行うことで、
他者・他社の理解が深まり人間関係が広がったとのこと。(本業でも協業できる関係なのだとか!)
さらには、「人に寛容になれる・ポジティブ」など、メンタル的なメリットもあるそうです!

そんな松岡さん、今回「hogaraka」という屋号で開業されたそう。
もっと世界をほがらかにしてくれそうです。

 

■わらじをアップデートし続けるコンテンツプランナー

ショッピングユニットのユニット長であり、エンファクトリーのブランド責任者の徳島久輝さん。
たくましい筋肉と温かみのある雰囲気とのギャップが魅力的です。

パラレルワークとして、メディアのコンサルティングや編集部の立ち上げ、記事の取材・執筆など、
幅広くご活動されています。

厚い胸板が魅力的なコンテンツプランナーの徳島久輝さん

厚い胸板と、ご自宅の猫ちゃんがプリントされたTシャツが素敵です

これまでのパラレルワーク活動を振り返り、
「わらじをたくさん履いていると、重宝される」との学びを共有されていました。

Webメディアの設計や、ライフスタイル系の知見にも精通されているほか、エクセルも使いこなせるそう!
どうりで頼れる感が半端ではありません。

そんな徳島さんは、最強のWebメディアコンサルティングチームTM NETWORKSにも所属されています!
シンガーソングライターのようなカバー写真も素敵なので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

■パラレルワーク(複業)を始めるには?

総勢15名のパラレルワークが発表された、今回のen Terminal。
本業の枠だけにとどまらず、さまざまな分野・職種にてご活躍されていたのが印象的でした。

そして、「パラレルワークで得たもの」は
本業にはもちろん、人生のさまざまなポイントに活かされそうだなあと、全体を通して感じました。

今回発表されたパラレルワーカーの皆様

Webメディアのスーパー編集長・志賀亮太さんや、Railsイベントのボランティアをされている美人エンジニア・奥山千紗さん、凄腕カメラマンの中島仁菜さんなど、様々にご活躍されているパラレルワーカーのみなさん。 社外留学生の根津幹夫さんや、新卒社員の荒木星之祐さんも、実はパラレルワーカー!

さまざまな働き方で、さまざまなメリットが得られるパラレルワーク(複業)活動。
「なんだか、やりたくなってきた!」という方も多いのではないでしょうか?

そんなときは、ぜひエンファクトリーのサービス「チームランサーを使ってみて下さい!

一緒にパラレルワークを始める仲間を集めたり、
他のパラレルワーカー・フリーランサーのチーム・プロジェクトを探して参加することができます。

多彩で多才なエンファクトリーのメンバーはもちろん、さまざまなバックグラウンドを持った、3000名以上の方がご登録されており、パラレルワークの活動は無限大。
ぜひ、チェックしてみて下さいね!

 

■さいごに

パラレルワークに挑戦したいけど、何から始めたらいいかわからない…。
そんな方は、ぜひ自分の「好きなこと」から始めてみてはいかがでしょう?

実は私・中嶋千智も、大好きな「カフェ」に関わるサービスのお手伝いをしたり、
面白い活動をしている人を取材したり…「好きなこと」軸で、すこーしだけパラレルワークをしているのです!

CafeSnapが運営するイベントのボランティアをしたり、取材マッチングサービスLOOKMEを使って取材記事を書いたりしています

それに、収入は発生せずとも「好きなこと」をドンドン追及するパラレルワーカー(?)も、
エンファクトリーにはいらっしゃいます! 今後の可能性ははかり知れません!

世界を股にかけて「ポケモンGO」に取り組むエンジニア・竹澤真さん。

国内にとどまらず、世界を舞台に「ポケモンGO」活動にいそしむスーパーエンジニアの竹澤真さん。積極的にトレーナーに声をかけ、国内外のレアポケモンと友人をゲットする主体性は、とどまるところを知りません。

 

PAGE TOP