【生きるを、デザイン。未来会議 スピンオフ】”くすぶり社員”が輝きを取り戻す 越境学習とピアラーニングの可能性

松岡永里子
ライフデザインユニット プロデュースチーム